工藤啓介法律事務所

元検事の法律事務所。刑事事件、借金問題(債務整理、自己破産)、相続(遺言、遺産分割)、離婚、交通事故などを取り扱っています。

法律相談

30分あたり5,250円(税込)です。

事件にかかる費用

事件処理を依頼される場合、以下の費用が必要です。

着手金 事件等の依頼をされる時点でお支払いをお願いする費用です。
報酬 事件終了時にお支払いをお願いする費用です。
実費 着手金及び報酬とは別に、交通費や訴訟に必要な印紙代など実際に他に支払う費用です。
日当 遠隔地への出張などが必要な場合に発生する費用です。通常の出廷には原則として日当は発生しません。

民事事件

対象となる経済的利益に応じ、原則として以下のようになります(消費税別途)。

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え3000万円以下の部分 5%+9万円 10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の部分 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える部分 2%+369万円 4%+738万円

上記金額は訴訟を念頭においた費用です。示談交渉案件などは減額致します。着手金における経済的利益とは相手方に請求する金額あるいは相手方から請求された金額などを基に計算しますが、報酬は、実際に受け取った金額または利益を基に計算します。

たとえば、300万円の貸金を請求するために訴訟を提起することを例にとりますと、着手金は24万円(プラス消費税)となり、300万円を獲得した場合の報酬は、48万円(プラス消費税)となります。

刑事事件

①事案簡明な事件

着手金 315,000円
報酬金は処分の軽重に応じて以下のとおりです。
不起訴処分 315,000円
罰金処分 315,000円
刑の執行猶予 315,000円
(ただし、再度の執行猶予は別途協議致します。)
減刑された場合(実刑) 210,000円~
無罪判決獲得 525000円以上

そのほかに身柄拘束に対する不服申立によって早期に釈放された場合には、報酬として315,000円を頂いています。なお、当初から罰金刑あるいは不起訴処分が見込まれる事案については、その旨見通しを伝えた上、釈放の必要性が強い方に対してのみ委任をおすすめします。下手な事務所に行って委任してもしなくても結論が変わらない事件にも関わらず無駄な報酬を支払わざるを得なくなるような事態が防止できます。

たとえば、痴漢事件として逮捕された場合で、認めているような事件がこれに該当します。この場合、着手金は31万5000円となり、身柄拘束から解放された場合に31万5000円が加算されます。痴漢事件で初犯などの場合は、大概が罰金刑ですが、示談等によって刑罰を回避した場合のみ成功報酬を頂いております。保釈請求手数料は無料です。
その他の案件は、裁判の結果に応じて報酬表に基づいた報酬が発生します。

② ①以外の事件(殺人などの重大事件や社会的耳目を集めるような事件または否認事件など簡明とは言えない事件)

着手金 525,000円~
報酬金は①の事件同様処分の軽重に応じて以下のとおりです。
不起訴処分 525,000円~
罰金処分 525,000円~
刑の執行猶予 525,000円~
減刑された場合(実刑) 315,000円~
無罪判決獲得 525,000円~

おおむね通常の事件は報酬表の下限をお願いしています。身柄拘束からの解放については①の事件と同様です。

たとえば、強姦事件で事実関係を争った場合、着手金は52万5000円となります。その結果、不起訴処分となった場合は、52万5000円の報酬を頂きます。また、否認のまま公判請求となった場合でも原則として着手金の支払いは不要です。そして、公判の裁判の結果に応じて報酬表に応じた報酬が発生します。保釈請求手数料は無料です。
法人税法違反、公職選挙法違反、政治資金規正法違反などの特殊事件におきましては、個別にお問い合わせ下さい。

離婚

着手金 報酬金
調停申立 210,000円 315,000円
離婚訴訟 315,000円 315,000円

調停から受任した場合で離婚訴訟に移行した場合は、10万5000円の追加のみになります。
なお、財産分与あるいは慰謝料として経済的利益を得た場合は、上記に対し別途民事事件における報酬が加算されます。

顧問契約

月額
個人 5,250円
個人事業主 31,500円~
法人 52,500円~

工藤啓介法律事務所

〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-1-4 細田屋ビル2F
TEL:048-795-5838
平日9:30~17:30 (柔軟に対応します)
弁護士:工藤啓介 (埼玉弁護士会)
法律相談:30分5,250円(税込) ※債務整理の相談は無料です。
取扱事件:一般民事事件/家事事件(離婚、相続)/刑事事件/少年事件

著作権

当サイト内の文章や画像データの著作権は工藤啓介法律事務所が保持しており、これらを無断で転載したり二次利用する事は禁止です。
Copyright (C) 2011 工藤啓介法律事務所.